忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

森羅万象スクランブル

こた(仮「なんか中2ワードないか?」
せっちゃん「森羅万象とか?」
こた(仮「なにそれ、イタい」

今日は石川県のものづくり会館にて、ビエンナーレ将棋大会が開かれました。ここだけの話、ビエンナーレが何かわかっていないw
3人の団体戦で、合計段位が10段以下で誰とでもチームが組めます。私のチームはこた(仮、S戸川(せっちゃん)、Tくんで参加。合計段位は日本将棋連盟段位なので、7段。3段分駒落としてください、と進言したいw
そしてこの大会、優勝賞金があるとのこと。だからか、みんな目の色が違います。ただ個人的には先週に引き続きのEnjoy勢。「せっちゃんの飛躍と、Tくんの成長が目的だから」と戦前に予防線を張っていくスタイル。

ちなみにC級で福井こども教室チームも参加。小学生3人のチームで、朝からスパーリング中。かと思ったら、遊んでただけだったw

閑話休題、私たちのチーム名は「福井こた研」。オレがつけたわけじゃないよw

予選はいつもの1勝通過方式。
一回戦。今日は相手のチーム名を見るのを忘れていました。それはまだいいとしても、対戦相手のお名前が…PC前で土下座していますので、許してくださいorz
戦型は横歩取り。相手の方の勇気流に、△8五飛~△2五飛と振り回す対策。正直あまり研究していない将棋で、思わぬ強襲を喰らいます。自玉が3段目に誘いだされて怖い形ですが、引くと形勢が悪化すると判断。強気に攻め合いを目指します。竜を切って玉頭に手を付け、寄せが決まり○。本当に寄っていたかはナゾ。
問題はチームの戦績ですが、S戸川は石田が捌けず×。Tくんも負けで、1-2負け。
…大丈夫!1局多く対戦できるから!

二回戦。私の相手はN倉さん。…だったと思う。間違ってたら「このアホンダラ!」とののしってくださいorz
戦型は私の四間飛車穴熊に、▲6六歩型イビアナ。私の対応は流行りの△6二飛型でなく、固めて待機するタイプ。先手から▲8六角~▲7五歩の筋で仕掛けられました。やってみたかった受け方があって、それが割合うまくいったと思っていました。しかしそれは錯覚で、難しい将棋だったようです。私が竜をつくって攻めたてましたが、少しいいと思いながらもハッキリとはわかっていませんでした。ただ受け切るのも大変だったようで、歩の手筋で絡んで○。
チームは3-0勝利。まずは一安心、という感じでしょうか。

ここからはトーナメント戦で、準々決勝です。
相手はK内くんとW塚くんを擁する、「あれ、これチートじゃね?」と思わず口に出てしまうチーム。
私の相手は屈指のチートキャラW塚くん。戦型は最近では珍しい、広瀬流四間飛車穴熊。久々にやりました。相手からの仕掛けを自然に受けたつもりでしたが、気付いたらやや苦しそうな形勢に。それでもなんとか捌きの糸口を見つけ、なんとか難解な将棋に持っていきました。お互い秒読みに入り、時間内に必死に読んで指し継ぎます。
隣ではS戸川がK内くんに虐殺され、Tくんは見事勝利。
そして私はというと、負けにしたと思っていました。それでもそれでも、諦めて投げてしまうわけにはいきません。直感では寄せられそうと思いましたが、相手も攻め駒が少なく決め手に欠けたでしょうか。穴熊ではよくある金の打ち合いエンドレスになって、根性で千日手に。
…まぁオレ将棋より根性の方が得意なところがあるからなぁw

そしてすぐさま2戦目、そして最初から30秒!先後代わり、戦型は私の横歩取りに。私は勇気流は採用せず、飛車を引いて中住まいというスタンダードな形にします。否応なしに迫りくる時間の波に、正直なところ序盤はお互いチグハグな応酬だった気がするw なんやかんやで1本取って、飛車交換して私が指せると見ていました。ですが相手も角をきっちり活用して、自陣がいきなり怖くなります。やらかしたかと思いましたが、存外こっちの攻めも厳しかったようでした。最後は綺麗な詰みもあって、○。
たぶん、K内くんが持っていた金のでっかい扇子が死亡フラグだったと思うw

準決勝。M野くんが集めたチーム。
実は当初M野くんに「こた(仮さん一緒に出ませんか?」と誘われた経緯がありました。それをあっさり「え、嫌ですけど」とフッた私w いや別にM野くんが嫌いとか棋力を信用していないわけではなくてですね、お互い負けたときに気まずい感じになるやん?引き換え、せっちゃんなら「ちがうだろーーー!!!このはげーーー!!!」って某議員ばりに後腐れなく言えるやん?w ごめんねM野くん。
しかしそんな彼が呼び寄せたのは、さらなるチートキャラだった。私の相手はT下さん。もともとは石川県出身らしく、元奨であり東京でアマ棋界に復帰。その実力を遺憾なく発揮し、素晴らしい実績を残しています。
将棋は私の先手位取り中飛車。対する相手の布陣は、意外な糸谷流右玉でした。金美濃に組んで、四間に振りなおして素早く決戦。飛車を切って攻めかかり、筋悪く金駒を打っていきます。続くかはかなり微妙だと感じていましたが、結果的にかなりうるさい攻めでした。たまたま上手くできていた、というのがビッタリくる将棋で、○。
局後、みなさんに凄いねと褒められました。誰も私が勝つとは思っていなかったらしいw
チームはTくんが早々に勝ち。S戸川はM野くん相手に熱戦を繰り広げましたが、惜しくも競り負け。それでも2-1で決勝進出!

決勝戦。学生棋界で鳴らした3人で構成されたチーム。対局前「せっちゃんや、ここは男ならバシッと決めてくれや!」と発破をかけ、対局開始。
私の相手は富山のMさん。自称初段。
戦型は相手の三間飛車に、穴熊から角を引いて2筋を仕掛けます。相手に自陣角を打たせて「しめしめ」と思ってゆったり固めていたところ、果敢に仕掛けられてしまいました。玉頭戦でかなり危ない形でしたが、強気に応戦して一度は切れ形になり勝勢に。しかしそこから中段玉で粘られ、角がお陀仏して怪しくなります。「初段?うそつけ!」(心の声) 逆転されていてもおかしくないと思いましたが、今日は運がありました。押し戻して○。
Tくんは相手が悪かったか、×。そして最後の1局は、それに相応しい熱戦だったようです。勝ったのは…S戸川でした!「やるときはやるやないか!!!」

自分が負けたときは周りがフォローしてくれ、スコアタイで最後まで残った対局を勝ち切る。団体戦の楽しさを存分に味わえた1日でした。(せっちゃんが)

福井こども教室チームもC級で見事準優勝。よくがんばりました^^

拍手[0回]

PR

とあるキノはさまよえる血塗られたエンジョイ勢のジャッジメントですの!

こた(仮「最近、中2ワードが思いつかないねん。なんか考えてーな。」
すぐちゃん「ほぉw」
キノ「適当にそれっぽいの並べてみますね」
以下記事タイトル。なんだこれ。ホントなんだこれ。

今日は金沢でアマ王将戦北陸大会がありました。道連れにするメンバーを集め、一緒の車でGo。メンバー(役割)は、すぐちゃん(運転手)、キノ(福井の威信を背負う)、Tくん(チャレンジャー)、こた(仮(保護者)。
会場に着くと、勝手さんもいらっしゃいました。今年も全国からたくさんの強豪の参加があり、「いやオレは今日Enjoy勢だからw」といういつもの口上で始まりました。

まずは皆さん興味がないと思われる、こた(仮の結果をささっと。

予選一回戦、相手は富山のS司さん。よく北陸大会でお見かけする方です。
序盤から角を打ち合う力戦で、居玉のまま戦いに。形勢はずっと難しそうだと思っていました。相手に先に竜を作られ苦しそうな感じになりましたが、こちらも竜を見切って肉薄します。寄りかどうか微妙でしたが、相手の時間が少なくなり寄せ切って○。

トーナメント一回戦。相手はZ本くん。立命館のスーパーエースで、That's 好青年。あだ名が自分の中で速攻で「とっつぁん」に決定しましたw (Z本→Z形警部→「あばよ、とっつぁ~ん」)
私のネーミングセンスはさておき、戦型は私の中飛車(角道close)。イビアナを目指されたため玉頭から銀でジャブを出して乱戦に。しかし飛車ぶつけの構想が悪すぎて、交換した直後に誤算に気づき大長考に沈むのでは冴えんなぁ。以下玉砕して×。
本気を出したとっつぁんにはルパンでも勝てないらしい。

威信を背負うキノはトナメ一回戦、岐阜のN島くんと対局。ムリに思えた攻めを通されたらしく、威信が誘爆して散る。
勝手さん、Tくんは残念ながら予選落ち。Tくんの将棋は後から並べてもらいましたが、うっかりしてからが力の入った熱戦でした。相手も強いので、勝ち切るまでが大変です。

というわけで勝ち抜いたのは、すぐちゃんのみ。朝「すぐちゃんは予選勝ってからトナメ一回戦で強豪に当たって爆砕する未来が見えるわーw」と言っていた2人が爆砕する中、将棋ゲーマーは二回戦も悠々突破。三回戦は富山の超強豪N平さんで、残念ながらここで敗退。

早く終わったので、K内くんやM野くん、金大のメンツに絡む。M野くんは子供に丁寧に将棋を教えていました。
じ、事案か!?w 「ジャッジメントですの!」


           /ヽ  ,. . .-‐…‐- . .
        {_/)'⌒ヽ: : : : : : : : : 〉`: 、
        {>:´∧;;;;;/. : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : /;;;;;;Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : .___
.   /: : : :/丁⌒: : :∧ : : /: /` }: : : : : :ハ;;;;;;}
   /: : : :/: : :{: : 八: :{:>x/| /   |:i : : :}: : : };;;∧
.  /: : :/} : : :八Y⌒jY´んハ  -‐ノ: : :/Y: : :.
 /: : / /: :/: : : V(.  ツ    心Yイ : ∧ノ: : ハ
 !: : :!//i: : : : : 个i ''''     , {ツ /く: ハ: : : :i
 }: : :ヽ  / : : : i: :´{入   _     /: : : ∧: i i: : : |
〃. : : : ∨: : : :/l: :/⌒ヽ、  `  イ: : : :/ }: リ: : :ノ
: : :/\: : V : /ノ:/     VT_八: : : { . : イ{
: :( /: \:} /: :/{     rv\j  { >‐=ミー=ヘ: ヽ
`)' ){: (  ): : :{八   /ヘJ ̄ ̄ {_/ /   \j: : 八: :}
 (  ー=ミ  '  ト、 / / 〔o〕     `トしヘ. _ \{ j ノ
   r=' ー=ァ |\{.      . -‐、‐=ァ′  ヽ  \(
   `フ   (   |   \_/  x个)   ∧   \
             ヽ   | _/  ∨ {\  /、ヽ     ヽ
            ヽ  ー-ヘ.    ∨j   ヽ{__>  . _}
            〉    \   \
               /       \   \
           /           \   \
            〈               j\   \
          / ー--==ニニ=く  \

拍手[0回]

innocent violencer

最近気付いたこと「あれ、オレって終盤弱いと思っていたけど、そもそも中盤で悪くしすぎじゃね?」

今日は審判の日(笑)こと県名人戦でした。
もちろん下される予定なのは私ですw

名人戦の挑戦者にマグレで勝ち抜いた私。県名人2438くんとの3番勝負に挑みます。2438くんは県名人4連覇中!ひいき目に見ても王者絶対有利と思われているハズです。だがしかし、みすみす負けてやるわけにもいかんのです。「え、こた(仮と2438くんどっちに賭ける?うーん、2438くんに1万!」

場所は福井新聞社和室「閑閑亭」。新聞社の局長さんが振り駒を行い、1局目は私が後手番に。頭上にカメラをセットされ(解説会場に映すため)、下座に着きます。持ち時間は1時間+秒読み60秒。第1局は9時10分頃にスタートしました。

戦型は私の角交換振り飛車。予定の作戦でした。相手の組み方にスキありと見て、自陣角の打ち合いから5筋の位を取る積極策。相手から動いてくるのはムリ気味じゃないかと高を括っていましたが、いざ動かれてみると難しいのなんの。思わしくないことに気付いて切り合い終盤勝負を目指しましたが、そんなレベルじゃないぐらい差がついてしまいましたw やっぱり中盤が下手だったかorz 華麗な寄せを決められ、完敗で×。
戻って、切り合いを我慢してじっくり指せばけっこう難しい将棋だったようです。

お昼を食べた後の2局目は先番。和室に一人残り作戦を考える…12時半、第2局開始。

戦型は矢倉。序盤、悪即斬され必敗形にw お昼に作戦を考えた意味とは一体orz 長考で粘れる手がないか探しますが、考えても考えても負けてしまう。しかしあまりにも楽勝すぎて、さしもの2438名人も楽観したのでしょう。飛車交換して打ち合いになりましたが、相手玉もそんなに安全ではありません。(「歩の枚数を勘違いした、ひどかった」と名人談。)相手陣にも攻めが刺さったところでは、解説会場で「まさかの逆転か!?」と色めき立っていた…らしい。しかし私の残り時間は3分、相手は30分以上残しています。2438くんも長考に沈みましたが、私もそりゃ考える。そしてやっぱり考えれば考えるほどわからない。そして相手の指し手は、「寄せてみろ!」とぶん投げる1手。1分将棋の中必死に寄せに行きます。だがどう見ても普通の寄せでは一枚足りない。(秒読みの中「端歩がついてあれば…」とか思っていた。)自陣に眠っていた角が何かの拍子に急所に刺されと願いましたが、最後は詰まされ×。

その後は解説会場に下りて、感想戦に。一応見せ場を作った最後の局面は、「寄せてみろ!」とぶん投げられたときに、持ち駒を投入して「ムリです、寄りませんわ」と土下座すれば難解とされました。ただそれでも負けている気がするので、結局名人の懐が深かった、という感じがします。どうせアレだろ、盛上げておいて「少し残ってましたか~」とか言うんだろw

総括。残念ながらやはり、実力が足りなかったと思わされました。まぁ、終盤でごちゃごちゃやって勝ちを拾えるような相手ではなかったということでしょう。
でも、最近は久々に将棋モードに入っていました。大会が続きますので、持続して次につなげたいと思います。

今日帰りラジオで聞いた言葉…「死ぬこと以外はかすり傷」w

拍手[0回]

ここにはカッコいいタイトルが入ります

だれか中2心をくすぐるノスタルジックなタイトルを考えてください。(ネタ切れ)

今日は石川県まで遠征し、県下野々市将棋大会に参加してきました。
アッシーくんとしてキノを召喚し、「福井将棋界の威信はキノに全部かかってるんやぞ!」とプレッシャーをかけつつ会場に到着。
この大会は前回に続いて2回目の参加になります。

開会式では市長やら文化協会のお偉いさんやらが挨拶。そして毎回大会にプロ棋士を招いておられるのですが、今回のゲスト棋士の伊藤真吾五段も挨拶。伊藤五段の挨拶のときだけ最初に拍手が沸き起こるのは仕様です。
そして開会式の直後には、申し込みの時にもらったくじを使ったお楽しみ抽選があります。私の番号は77番!「これは絶対当たる!」と言っていたら本当に当たって、内心びっくりしたのは内緒。(こういうのにいつもは全く当たらない私…運を使い果たしたか?)キノは敢然と番号札を持って呼ばれるのを待っていましたが、無事撃沈w

さて、予選は石川ではお馴染みの1勝通過方式です。
私はまず、小学生のY原くんと対局。以前指導対局(たしか2枚落ち)で指したことがある子。もうA級の場で当たるとは…
戦型は私の中飛車にイビアナ。向かい飛車に振りなおして急戦を狙いました。仕掛けていきましたが、成立しているかはよくわかっていませんでした。ただ本譜は飛車先をしっかり破って、飛車を召し取り2枚並べます。こうなると穴熊といえどもどうしようもなく、○。
それにしても、子供は本当にいつのまにか強くなるものですね。

そしてここからは、早くも負けられないトーナメント。
一回戦。相手はY井さん。
対戦したことはありませんが、以前棋譜を並べてもらったことがありました。たぶん振り飛車党なんだろうなぐらいの気持ちで臨みましたが、相手の作戦は角交換振り飛車。3筋の位を取られたので、▲3六歩△同歩▲同銀と反発。以下相手は1歩と犠牲に馬をつくり、私が自陣角で対抗します。途中離れていた金を自玉側にくっつけ、角を転回して打開。私が指せる局面になりました。変な寄せ方をした気がしますが、押し切って○。

二回戦。相手はIさん。
Iさんは事前情報なし。私の今日2回目の中飛車採用に、相手の作戦は糸谷流右玉。思いつきでダイヤモンド美濃を構築したら、なんだかんだで2手ぐらい損してハッキリ作戦負けに。仕掛けられ自信がない展開になってしまいました。途中控え桂の好打を見落として、その瞬間は「やっちまったか」の思いがよぎったのですが、案外難しかったのは「僥倖」でした。攻めをいなし、素早く反撃して逆転で○。

三回戦。相手はB井さん。
大学生?やっぱり情報がないので、作戦は立てられない。私が後手になり▲2六歩△3四歩▲4八銀の出だしをされたので、角換わり系の将棋に誘導したくなりました。相手は右玉に変化してきたので、私は銀矢倉にがっちり組みかえます。そして、珍しくきっぱり攻めにいきました。こた(仮にしては本筋の将棋が存外上手くいって、竜を作ることに成功。と金で攻めたて、快勝で○。

準決勝。相手は大御所S木E春さん。
以前指したときは独自の戦法に屈しています。今回のE春さんの作戦はそれというより、最近流行の兆しを見せる速攻早繰り銀。アテが外れ、フリーダム精神が呼び起された私はナゾ右玉に変化。しかしやはりというべきか、明らかに破綻した構想でしたw 馬を作られ不利に陥り、耐え難きを耐えるツラい展開に。最後まで足りないかと思っていましたが、時間が無くなるにつれ少しずつ詰めて熱戦になりました。相手の囲いに手がついてこちらのターンが回り、マグレで○。

そしてついに決勝戦。相手はI野さん。あれ、朝に「決勝で会おう!」と誓い合ったKくんどこいった?w
I野さんとの対局は実は去年の大会の決勝以来。去年と同じ顔合わせになりました。そのときは逆転の筋を逃して負けてしまい、絶好のリベンジの機会が回ってきました。
戦型は私の中飛車に、超速。銀対抗の形からガツンと銀をぶつけられ戦いになります。捌けるかどうかの将棋ですが、正直自信はありませんでした。I野さんの的確な指し手の前に相変わらず光明が見えないところでしたが、飛車を切って決めに来た手が疑問だったと思います。と金と手にした飛車で攻め合いになりました。こうなると1路遠い玉の違いが大きく、直線の寄せ合いを制し○。

ということで、見事優勝することができました。
ただ内容に関しては、正直かなり課題を残しました。県名人戦を前に、「こんなんじゃ到底2438くんには勝てねぇ」というのを色濃く映し出したと思います。
今日の結果に関しては「望外」ですが、さらに2週間後「特別な感慨があります」と言ってみたいですね。

拍手[1回]

融解するシンセサイザー

不協和音はノーセンキュー。

今日は王将戦2次戦でした。

1局目はT橋さんと対局。戦型は私が後手番ながら早石田を目指します。相手も▲6五角と打って乱戦になりました。途中手順前後で予定が崩れ、修正したものの形勢はやや不利。ただ相手の手に乗ってしっかり受けて持ち直します。そして勝ちだと思って踏み込みましたが、それがイマイチ。もう一回しっかり受けるべきでした。最後はよくわかりませんでしたが、必至を掛けてなんとか○。

2局目、S五段と対局。連続の石田流に、師匠得意の右四間飛車。角銀交換になって、角を打ちこみ香を取りに行きます。勝負手と飛車に狙いをつけられましたが、上手くかわすことができました。奪った香で5筋を破り、そのまま押し切って○。

3局目、S戸川四段と。前回できなかったゴキ中に対する左美濃を目指します。後手のS戸川が工夫し、△4四銀~△2二飛と趣向。研究からは外れましたが、上手く指すことができました。飛切りから端攻めと勝負手を放たれましたが、端桂の王手から相手玉を引きずりだして○。

4局目、キノ四段と。私の作戦は中飛車。どうせ穴熊だろ、と思ったら△5四歩突かれて、あれ違うのかと思ったら玉を囲い始め、やっぱりなと思ったら銀冠でしたw 私は端の位を取ってから穴熊に。以前も指した形でしたが、ちょっと積極性を欠いた気がします。がんばって捌きにいきましたが、飛車ぶっつけ辺りが手拍子だったでしょうか。紆余曲折あって相手玉が上部脱出し、時計の叩き合いになって×。うーん、センスがなかったような感じがする。

5局目、Y本五段と。四間飛車に対して、天守閣美濃に。4枚美濃に組みかえていたところ、5筋から果敢に動かれます。金で抑え込みを狙いますが、簡単にスッポ抜けましたw 玉頭戦で角を切られ、続いて飛車も切られ猛攻されます。形勢は相手玉が厚すぎて敗勢。雷落とし(▲6二歩+▲4四角の形で▲7一竜から寄せること)の一発狙いもかわされてしまいました。粘ろうとしましたが的確に寄せられて、自玉は即詰みの局面。しかしあまりにも楽勝だったからかこれを逃され、最後の王手ラッシュに出ます。ただこの追い方がこれまたヘタクソで全然詰んでなかったのですが(私は途中から詰んだと思ってましたw)、時間に助けられて頓死で○。最近Y本さんには内容で完敗しています…

6局目、本日最後の相手はS井五段。戦型は矢倉。流れで片矢倉になりましたが、後手なので棒銀で先に銀を捌かれてしまいました。それからは2筋と6筋の攻め合いになり、難しい形勢。自玉が右辺に逃げだし、余して○。

名人戦もあり、戦型に悩む今日この頃。今日もS戸川との対局を除いて、序盤が上手くいっていません。なぜか1つ悩みを抱えると、全体のバランスまで崩れるようです。なんとか調律したいと思います。

拍手[0回]