忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

Bellflowers

本日は文化庁認定朝倉象棋大会でした。
A級結果↓
①こた(仮
②G方くん
③N藤五段
④T橋四段

むさい男同士の勝負はさておき(笑)、皆様待望の女流棋士をご紹介したいと思います。
本日福井まで遥々お越しいただいたのは、中澤沙耶女流初段、石本さくら女流初段のお二人。中澤女流初段は3年連続でおいでいただき、石本女流初段は初めての来県だそうです。

中澤先生の最初の挨拶曰く、「福井に来て雪が無かったのは初めて」とのこと。まぁ福井のこの季節ですから。(今週から荒れるらしい…がっでむ!)

指導対局がお昼すぎから始まり、大会敗退者から次々に挑戦します。色紙をお二方に3枚書いていただき、勝利した人がもらえる特典付き。
T円澄さんが「2枚落ちで!」と申告したものの、お世話役の勝手さんに却下されていましたw

中澤先生は対局後、快活に感想戦をしていて、負けた人も気分よく、子供たちにも楽しい指導対局になったのではないでしょうか。おじさん諸兄にいじられても、まぶしい笑顔で対応していました。
石本先生はどの対局も真剣な眼差し。Y本さんが対局しているとき、空き時間にちゃちゃを入れにきた私を華麗にスルー(笑)し、将棋の手を一切緩めませんw 将棋に真摯な姿勢が印象的でした。

私は一応本割で優勝してしまったので、指導対局は一番最後になりました。
お相手は石本先生。周りの指導対局は終わりを迎え、対局開始時はマンツーマン対局に。となれば、「綺麗な人に見つめられながら指すなんて照れますね」なんて盤外戦術をかましますw 愛想笑いがチャーミングでした。
途中からG方くんが隣の盤の前に座ったため、2人だけの世界(?)は残念ながら終了。対局が進むと、対局時計の異変に気づきます。自分の時間が、相手が考えている時間も進むというトラップ仕様。「時計がおかしいですね」と言うと、「このまま指さなければ石本先生が勝つね!」ときます。どうやら私の味方はいないようですw
石本先生の将棋の印象としては、さわやかな攻め将棋といった感じ。平手の将棋では振り飛車を指されていました。後手番ということもあるのかもしれませんが、振り飛車党なのかな?

指導対局後もう私にはご褒美がなかったので、勝手さんのはからいで表彰式をお二人にしていただくことに。私は石本先生から表彰状を受けとりました。どさくさに紛れてちょっと手でも触れておけば良かった。ありがとうございました。

中澤先生、石本先生、ぜひまた来てくださいね。

拍手[0回]

PR