忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

最初に言ったのはヤッターマンのナレーターだとか。

今日は県竜王戦でした。

シード勢のこた(仮、予選はキングクリムゾンしてお昼から颯爽と登場。まだ予選進行中でしたが、来る途中に買ってきた将棋世界を優雅(笑)に読みながら待ちます。他にも長丁場に備えたエネルギー補給にも余念がありませんw(お菓子とか)

さて、なんだかんだで16人のトーナメントが決まり、一回戦。相手はS井五段です。
戦型は私の角交換振り飛車。桂を跳ねて飛車をぶっつけ、大駒の総交換に。私が勝負手を放ち、飛車を取らせて2枚替えに出ます。そこから玉頭戦に向かう手筈でしたが、ここで誤算が。速度計算をミスっていて、突きだした歩が1手パスになってしまいました。しかしここで諦めるわけにはいかない、ゾーンを強制解放して必死に手を探します。玉を空中遊泳して、やはり賭けるは玉頭戦。私は足らないと思っていましたが、最後は自玉が詰みにくい形に。辛勝で○。

二回戦、相手はS藤三段。新進気鋭との対決です。
戦型はS藤くんの三間トマホーク。私は以前キノとの練習対局の中でトマホークを指して、ややムリ気味なのではと思っていました。というわけで堂々と受け、中段の飛車を利かせて守りを固めます。そして桂跳ねを放置して態勢を整えていたものの、どうやら格調が高すぎたようです。攻められたときには、これまでの数手がムダになって敗勢に。ゾーンは時間制限で入れず、×。

大差になったのはそういう戦型なのでしょうがないものの、ぐうの音も出ないとはまさにこのことである。いわゆる「その他大勢」になりましたw 用意の一本満足バーがムダになったのは内緒である…

さて、私が無残に敗北したあと、準決勝が進行。面白かったので取り上げます。
まずはN西六段vsキノ五段の本命対決。相雁木相腰掛銀という私とN西さんの対局でもあった進行で、やはり先手のN西さんが果敢に仕掛けます。ただキノがしっかりと受けて、後手がやや有利な展開だったと思います。そして見せ場は最終盤。詰めろを掛け後手のキノ勝ちかと思われた瞬間、飛車のタダ捨てから馬を外すというアクロバティックプレイで、なんと詰めろ逃れの詰めろに。しかし自陣飛車を打ってからもう一枚の飛車を活用して、また詰めろ逃れの詰めろがかかります!これで終わりかと思いきや、王手をしながら馬を作って、なんと再度の詰めろ逃れの詰めろ!!ここで王手していったものの届かず、結果N西さんの逆転勝ち!
私見では最後△6六角と合わせて王手で馬を消し、四度目の詰めろ逃れの詰めろ(!!!)をかけてキノが勝っていたのではないかと見ます。大熱戦でした。

もう1局はこた(仮を屠ったS藤くんと、小学生名人(!)のTくんとの対決。S藤くん得意の三間飛車に対して、力戦調の急戦をTくんが仕掛けていきました。私は途中まで居飛車が指せると見ていましたが、重く駒を打って飛車を抑えにいったのが上手くいって、振り飛車が優勢に。しかしTくんも上手く粘って決め手を与えず、混戦模様に持ち込みます。最後の勝負と相手玉に迫りましたが、ここはS藤くんが正確でした。寄せ切りS藤くんが初の決勝進出。

結果。
①N西六段 三連覇、まだまだ長期政権は揺らがない。
②S藤(新)五段 N西さんの全国出場辞退により、五段に!来期のシード権も獲得。
③T四段 3位決定戦で千日手を挟み、指し直し局でキノをフルボッコに。あっという間に上位を脅かす存在になりました。
K下五段 少し良さそうな千日手局で決め切れず。2局目は悪すぎてさばさばしていました。4位も「その他大勢」なんだよw


※解説しよう!

「キングクリムゾン」
とある漫画の必殺技的な奴。時間をすっ飛ばすことができる。むちゃくちゃ疲れたあとの休日のアレ。

「ゾーン」
極限の集中状態で最高のパフォーマンスを発揮できる状態のこと。意識して入ることは出来ず、時間制限もあるらしい。あの弱いこた(仮がそこそこ勝てているのは、強制的にゾーンに入れるからだという説があるとかないとか。

「その他大勢」
大会で入賞に絡まずに負けてしまうこと。予選落ちしようがベスト8だろうが何ももらえないことには変わらない意。

「1本満足バー」
定時に仕事を片付ければ(放り投げれば)必要ないもの。将棋でも必要になる前に負けてしまうことがある。

「新五段」
アマ竜王戦全国大会に出場すると五段免状がもらえる。S藤くんはこれで三段から一気に五段に特進。たぶん一番悔しがってるのはS戸川。

拍手[1回]

PR