忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

愛と利益は両立しない

って杉下右京さんが言ってた。

今日は木田の将棋教室で「アマ最強戦@木田道場」と銘打って将棋大会が行われました。スポンサーから賞金がつくということで、石川県からの参加もありました。

私は今朝なぜか悪夢で起き、ぼやーっとしてたら遅刻するという失態。失礼しました^^;
予選は4人一組で行われました。
①vsO江さん。私の向かい飛車に、相手の天守閣美濃から米長玉。自然に指していましたが自然に指したくなくなり(?)、組み替えようとしたところを仕掛けられ指しづらくなりました。角を切られ飛車を走られたのが痛く、喰らいついたものの押し切られ×。
②vsTくん。横歩取りでチャンスと見て桂を跳ねて攻めましたが、うっかりで位を食べられて攻めがとん挫。自陣飛車で粘り相手の手順前後につけこんで左辺に逃げ込みました。まだふりだしに戻ったぐらいでしたが、そこからは力勝ちで○。
③vsいなかセンパイ。今日のセンパイは絶不調でしたが、予選はさすがの2連勝中。戦型は珍しくなった矢倉▲4六銀戦法。かなり難しい将棋で、どういう方針でいったらいいかもわからない感じでした。棋風に殉じて攻め、銀冠を崩してなんとか○。これが今日唯一の好局だったw

準決、vsK下くん。仲良くなったので、「キノ」のニックネームを授けようw(苗字がバレバレ?なんのことやらw)戦型は中飛車。最近凝っている形がありましたが、残念ながらそうならず。左美濃で持久戦模様にされたので、石田流に組み替えました。ただその後の指し方がどうもヒドかったようで、中盤前に劣勢に立たされます。飛車の打ち合いぐらいにはなりましたが、普通に寄せ切られて×。…と思っていたのですが、キノ曰く最後に勝負手があったらしいです。な、なんだってー

というわけで三決に回り、vsいなかセンパイ。再戦は後手番で英春流。棒銀からガッチリ矢倉に組まれて、難解な中盤戦。しかし本局は、お互い足を引っ張りあって泥沼に沈むようなグダグダな戦いにw 最後は相手玉が這い出て自玉には竜が迫り、どちらが勝つんだという熱戦っぽくなりました。ホントはただの迷局でしたが、自玉が詰まず○。

賞金は、いなかセンパイに夕食をおごって消えたw
今日は将棋の内容も結果も冴えませんでしたが、これで今年の大会は全て終了しました。今年の結果報告は、大みそかまでに^^

拍手[0回]

PR