忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

悪運保存の法則

今日はアマ選手権(アマ名人戦福井県予選)でした。朝気づくと腕時計と扇子を忘れていた・・・日常生活にもボケが入るようになったかwなんて思っていました^^;

アマ選手権は予選を勝ち抜いた5名+シード2名の計7人でリーグ戦を行う、県内大会で最も歴史のある大会です。私は去年、初戦でS條五段に敗れたもののN西六段がS條五段を倒してくれたおかげで、再度同率決戦になりフロック優勝を果たして今年はシード。ですがアマ名人戦は仕事の都合で参加できなかったので今年こそ・・・の意気込みで臨みました。

さて一回戦は抜け番。他の対局はいきなりN西六段vsS條五段の優勝候補同士の戦い。これを優勢だったN西六段が最後乱れるという珍しい展開で、S條五段が制します。

二回戦、私にとっては初戦ですが、Y本五段と対戦。Y本五段は今大会最年長、振り飛車党の古豪。
私の角交換四間に居飛車で左銀を繰り出され、5筋を交換されました。以下仕方なく桂頭めがけて動きましたが、受けずに切り合う予想だにしない将棋に。美濃囲いが1手遠い展開で、これは攻めが決まって勝利。

三回戦、A部四段戦。最近大学時代の勘を取り戻してきたのか、絶賛売り出し中の若手(若手?)ですw
私が後手で横歩取り△8五飛。しかし途中定跡形を外して組み合いを選択したものの、作戦負け気味に。その後なんか悪手を3回くらい指して、ボロ負けすぎて泣きそうになって指していましたwそれでも飛車を取って最後の最後、何かあるんでは・・・ぐらいまでつめたのですが、2人とも時間ぎりぎりの中際どく残されて負け。
・・・今日この人はこた(仮だけを狩って去っていきましたw

四回戦はN西六段戦。
矢倉ながら2人とも定跡を気にしないフリーダムな力戦。垂れ歩を垂らしたのにものともせず攻め合われ、のっぴきならない殴り合いに。途中好手を発見し、これいけるんじゃね?と思ったあとにいつも通りの落とし穴。一回自陣に駒を受けたのが悪手で、攻め駒を催促する1手だった。これで逆転し、最後は大差負けorz

なんかもう目が無くなった気がしなくもないけど、五回戦。いなかセンパイとの将棋。遂にセンパイもここまできたか(感動)(何の?)
さてこの将棋はお互い序盤で変態流をし、私振り飛車の力戦対抗形に。途中私が歩を交換しにいったのが軽率で、飛車交換になり攻め合い流れ。そのあと金のタダ捨てという派手な手をしたのですが、ここで見落としがあり一気に敗勢に。しかし・・・やや諦めムード漂う中、詰めろをかけてみたら何か勝ちになっていた。これしかない負け筋に飛び込むいなかセンパイ、痛恨の敗戦w

さて六回戦は、これまで5連勝で突っ走るS條五段戦。これを勝てば文句なしに代表を決められる1局です。まぁ目のない脇役風情は、米長精神でがんばりますよー(・3・)と若干投げやりw
将棋は私のダイレクト向かい飛車。しかし私が多用している▲6六歩型を上手く咎められ、かなり不利な将棋に。なんとか、と金で迫ってみたもののどうみても足りない。しかし香の垂らしというナゾな手で「しょうがない、1手差にするか」と開き直ったのが好手(?)w S條五段が受けすぎて1手まくったような恰好となり、中段に逃げ出したものの最後はパズルのような恰好で捕まえて、辛勝。騙して意地の勝利。

七回戦ラストは先の王位戦で死闘を繰り広げた、T田五段との対局。
T田五段の中飛車に、糸谷流右玉。私が受け切れるかどうかの戦いになりました。延々と受け続けていましたが、途中自陣桂を打ったのがイマイチ。ギリギリの将棋でしたが、最後はなんとか受け切り。相手の美濃囲いには全く手を付けず姿焼き勝ち。

さて優勝決定戦はというと、N西六段vsS條五段。N西六段不利の将棋を持前の腕力で泥仕合にしたようですが、疲労困憊のS條五段が間違えて最後は時間切れ。N西六段3年ぶりの優勝となりました。
私がN西六段をアシストする、去年とは逆の形になりました。人生って上手くできてるなぁ・・・

ちなみに誰も興味ないでしょうが、私の結果は4-2で3位に。まぁ王位戦は防衛できたし、そんなにいいことは続かないもんです。悪運尽きるその日までは、またがんばっていきましょう^^

拍手[0回]

PR