忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

将棋の魅力に呪われて

こんな所まで来てしまいました。

さて、今わたしは新幹線に揺られています。なんでかといいますと、アマ名人戦が東京で行われたからです。場違いながら私も一選手として参加してきました。

金曜日に前夜祭。タダ飯にありつくため参加w アマ名人戦にも意気込み表明があって、みんな一言ずつ。なんか以前竜王戦に参加したときはみんな自信満々なコメントだった気がするけど、今回はそうでもなかった気がします。
こた(仮「有名な方や強そうな方ばかりなので…ヒビリまくってますw」
ギャラリー「(しーん)」
こた(仮「(スベっただと…)」

次の日。こた(仮の朝は相変わらず早い。あぁ、まだ暗いじゃん…何時だ?2:30? 夜やんけ!w
というわけで有り余る時間を待ちわび、まずは予選。1日目は予選3局(2勝通過、2敗失格)を戦います。

私は一回戦、栃木のK山さんと対戦。全国優勝多数の超強豪である。戦型は矢倉戦になり、私が雁木に。お互いジリッと玉頭方面から盛り上がり、接近戦に。こちらの方が陣形が手厚く優勢になりましたが、そこで背中に悪寒が。後ろに厄病神(S戸川、自腹で見に来たらしい)が立っていましたw そのあと何を思ったか、飛車をぶつけていった大局観が理解不能。一気に苦しくなって負け。これは呪いだ!w

二回戦、厄病神は富士通杯を呪いに行き、私の相手は青森のT村さん。こちらも全国常連です。これも戦型は矢倉。途中どう考えても危険な組み方をしていた気がするが、スルーされて私が攻める展開に。細い攻めでギリギリでしたが、ミスがあって切れ模様。しかしそこから必死の手繋ぎ、うまく寄り切ってなんとか勝ち。

三回戦、予選通過をかけて、大阪のS田さんと。後から聞いた話だと元奨の強豪だったそうですが、相手にミスがあって馬ができる。そのあと数々の勝負手に目眩がしたものの、なんとか耐えきって勝ち。
あれ、やっぱS戸川のせいじゃん!(責任転嫁

その夜は石川代表のW塚くん、東京在住の某とんねるず、K出、I与くんらが集まり、飯を食いにいく。某とんねるずはアマ王将戦に向けて禁酒するらしい。こた(仮&W塚くん「絶対ムリでしょwww」ちなみに今宵もコイツとS戸川はしっかり飲んでました。

そして今日、2日目のトーナメント。私はまず、茨城のM川さんと対局。相手の先手中飛車に、超速のような形で対抗したものの仕掛けが難しくなりました。手待ちして相手に銀冠を構築されてから仕掛けられるという自信のない展開。しかし玉頭に歩を突き捨ててからの幽霊角がなかなかの勝負手だったようで、形勢が好転しました。そこから相手の攻めを受けながら1手勝ちを読み切り、最後は自陣の死んでいた飛車がまさかの仕事をして即詰みに。後ろからまた怨念を受けていた気がしましたが跳ね返しましたw

そしてお昼後の二回戦、相手はO屋さん(支部名人)。富山の方ですが初対局、戦型はO屋さんの1手損角換わりに。相腰掛け銀を選択しましたが、あとでいつもやってる早繰り銀をやればよかったかなと少しだけ後悔。即興で考えた穴熊作戦が薄く、勝ちづらい将棋にしてしまいました。それでも何とか決死の攻め合いに持ち込みましたが、最後はハッキリ1手負け。無念の残念棒3分(といってもチェスクロックだが

結果はベスト16。ベスト16のメンツを見て、自分が浮いてたことは気のせいじゃないと思う。とりあえず牡丹に馬鹿にされない成績になったので、良しとしましょうか。
またレベルアップして、この場所に帰ってきたいですね^ ^ (といっても会場のゆうぽうとホテルは、今月末に営業終了になるらしいが。 これも呪いのせいですねw

拍手[1回]

PR