忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

伏目がちの道中

前向きなことだけが美徳だと思っている人たちは、背後から突き立てられる刃に気づけない。
・・・こた(仮の戯言は意味を考え出したら負けである。(ここは邪気眼系中二病ブログですw

さて、常に後ろ向きで引きこもりな性格の私ですが、気持ちを奮い立たせて(?)金沢の将棋大会に遠征してきました。アマ王将戦北陸ブロックです。アマ王将戦は全国どこの予選にでも複数回出場可能という金と余暇がある連中が有利な大会ですw というわけで北陸外強豪の多数参加を警戒していましたが、今回はそれほど多くない感じでした。
私は帰省した弟といなかセンパイを引き連れ参加。福井からは勝手さん親子、K林五段、T川くんが来ていました。

私は予選は、W塚くんとのいきなりの大一番。金大の院に通う石川屈指の振り飛車党です。43戦法に対し筋違い角で打開、相手の待機策に矢倉の堅陣に組み替えてから位を張った構想がよく、態勢勝ちから圧殺。W塚くんの力を出させませんでした。
ここからはトーナメントで、一回戦はT橋K太郎くんと対戦。石川で売り出し中の小学4年生で、研修会にも通っているようです。(対局後、「K太郎くんどうだった?」と聞かれたことからも期待度の高さが伺われます。)将棋は角換わりからT橋くんが矢倉に囲ってガンガン攻めてきましたが、落ち着いて反撃して圧勝。年長者の場数の差を見せることができました。
二回戦、大学生の子と。相手の四間飛車に穴熊模様。ガッチャン銀から動いてきましたが、玉のコビンから反撃。相手陣を薄くしたあと、戦いながら離れていた金をくっつけて、竜と馬のコンビで攻めたて完勝。
そして三回戦、相手は金大のM野くん。オールラウンダーながらここの選択は英春流。やはりか、ということでオレの作戦ストック9641(嘘)、発動で終盤まで計算通り、予定通り、計画通り・・・あれっ形勢不利w 自玉が薄くて粘れずに完敗orz

というわけで最後は消化不良になってしまった感もありますが、傷のなめ合い将棋をした後、帰路に。負けたことを全部引きずって、また歩き出そうかと思う。

拍手[1回]

PR