忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

ぶらり将棋旅

昨日は将棋日帰り旅行でした^^ 大阪で行われた西日本職域団体戦に参加してきました。

職域といっても会社参加でなく、誰とでもチームを組めるFクラス(フリークラス:県代表クラスで固めた化け物軍団がいてもおかしくないw)に出場。チーム名は福将連、もちろん福井県将棋連盟です。
朝7時頃にJRでS五段(お世話役ありがとうございました、最近師匠にもブログの存在がバレてしまったようですw)とともに駅を出発、途中Y五段、N五段と合流して、2時間ちょっとの電車道(意味違う)です。
大阪駅で下りた後、地下鉄で会場のマイドームおおさかまで移動、すでに牡丹が受付を済ませて待ていました。ちなみに牡丹は前日に大阪入りして遊びまわっていたらしい。大学生はいいなぁこんにゃろーめ。

というわけでチームはS五段、Y五段、N五段、不肖わたくし、牡丹の5人運命共同体です。受付をした牡丹の采配で初戦は大将:こた(仮、副将:牡丹、3将:N五段、4将:Y五段、5将:S五段になっていました。は?(威圧)
牡丹はあとでシメておくとして、予選一回戦はR21チームと対戦です。立命館大学チームで、優勝候補の一角と言える強豪といきなりの対戦でした。
私の相手はY田くん。矢倉藤井流の将棋になり、有利に進めていると思いましたが朝一はやはりダメダメな私だった。いきなり自玉が詰めろになり、最低でも相手に千日手の権利がありそうな寄せ合いに。「これって千日手って引き分け?」牡丹「再戦だと思います」という言葉を聞き、千日手でいいやと受けましたがY田くんの方から打開。仕方ないので相手玉に詰めろをかけ、さじを投げました。結論から言うと私の玉に銀2枚を捨てるカッコイイ詰みがあり負けでしたが、これを逃され辛勝。
さて、牡丹は天罰が当たってK藤氏(立命エース格)に負け、Y五段はN川氏(有名人、相手が悪い)に負けましたがS五段とN五段が地力を見せて勝ち。この結果、3-2で勝利となりました。大変な相手でしたが、初戦を取ることができました。

2戦目は東大寺チーム(学生連合軍でした)と対戦。ちなみにオーダーは大将:こた(またかよ、副将:N五段、3将:S五段、4将:牡丹、5将:Y五段でした。オーダーは自由に組み替えていいのですが、師匠の「勝ったら上に上がって、負けたら下がろう」という方法論により、負けないと大将をやり続けなければいけないというジレンマに陥りましたw
私はY田くんとの1局。角交換振り飛車から立石流のような感じで組み替えられました。私は矢倉で7筋と5筋の位を取りましたが、そのあとの指し方があまり良くなかった気がします。2筋を放棄し5筋から攻める形を作ったのはちょっとムリ気味だったでしょう。しかし相手が受け間違って局面有利に進みました。途中私も変な手を指して差が縮まりましたが、踏みとどまってそのまま勝つことができました。
チームも4-1で勝ち。なんか順調です。

予選ラストは泉州藤棋界チームと対戦。
私はT生さん(読み方違ったらゴメンナサイ)と対局しました。横歩取りの力戦調の将棋になりましたが、私が自陣角を据え果敢に攻める棋風通りの展開。途中飛車角交換になってどうなるか、という将棋でしたが私が角2枚を使いながら桂頭を攻めたのが厳しい手となり、そのまま押し切って勝利。
チームも3-2で勝ち、予選突破!

昼食後からはトーナメントです。トーナメント一回戦は、泉州藤棋界の別チームと対戦しました。
私はM阪さんと。角交換振り飛車を使われたので、矢倉+▲4六銀型を選び、玉頭に位を張っていく作戦(対局後、牡丹が「変わったことやられてましたね、余裕の表れですか?」とか生意気なこと言ってた。オレっちの戦型レパートリーをなめているなw)。相手の駒組みが頂点に達したので自陣角から打開を図ってきましたがムリ気味で、召し取って角銀交換の駒得になり優勢に。そこから飛車を見捨てて一気に寄せ切るという派手でスピーディーな手順が上手く決まってこれは完勝になりました。
チームも3-2で勝ち。

そろそろ相手も厳しくなってくるだろう二回戦、甲南づけチームと対戦しました。見たところ20代若手のチームという感じでした。
私の相手はH谷川さん。vs四間+美濃に5筋位取りの作戦を選びました。4筋と5筋がぶつかり戦いが始まりましたが、どちらも取り込まずに様子見の様相に。そこから相手が1筋から攻めてきたので私がそこを放棄し大決戦となりました。桂香を使って玉頭から迫られましたがこれを面倒を見て、中央制圧した駒をほぐしながら万全の体制で寄せ切るという、我ながら悪くない将棋で勝ち切りました。
ここもチーム3-2で勝ち、準決勝進出です。

準決勝まできました。決勝進出をかけた一戦は、地力のありそうなおじ様主体のチームでした(対戦相手の名前を忘れるなんてそんなわけ・・・すんませんでしたぁぁぁorz)。
さて、私の将棋は後手で横歩取り模様から相手が飛車を引いたので、相掛りに。そこからひねり飛車でこられました。途中手数の計算ミスがあり、駒組みが間に合ってないことが発覚!w 珍妙な形で決戦になりました。形勢はイマイチわからないところでしたが、相手の悪手に乗じて上手く戦果を上げ、わざと王手飛車をかけさせるという将棋になり結果的には圧勝。
チームの方はY五段が若いのを討ち取り、牡丹がバラバラの将棋をやっぱり纏め切れず負け。N五段は錯覚からか完切れにされてしまい、S五段に命運がかかることになりました。その将棋は相手が決めに来たものの、そこからS五段が王手で急所の馬を抜きながら手を戻して必勝態勢に!しかししかし、時間がなかった^^; 打ち切り制に敗れて2-3で惜しくも敗北。

というわけで結果は3位。強豪チームに交じって3位なので悪くない結果と思いますが、ここまできたら最後まで指したかったですね、残念。
みんなで夕食をとり電車で帰宅。帰り道、N五段が「自分が負けてもチームが勝てば勝った気になっていた。準決勝も横を見たらS五段が勝っていたから勝った気になっていたんだけど、こちらからは時計が見えなかったwww」と仰っていました。ちょ、己の力で勝ってくださいませw
ちなみに、N五段は準決勝を5将で指していました。

拍手[3回]

PR