忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

my Shogism

昨日・・・
仕事中にトラック運転しながら考え事してたら、思いっきり信号が赤だった。変わったトコとかじゃなくて普通に赤だった。爆走で走り抜けてしまったw 左から来たバス、止まってくれてマジ助かった(文字通りの意味で

というわけで皆さんも気を付けて集中して運転しましょう、こた(仮です。
しばらく書くこともないし、せっかく走馬灯も見たので、今回は昔福井で競い合ってきたライバルたちについて書いてみましょう。今頃どこで何をしてるのかわからない人も多数ですが、以下懐かしい戦友たちです。

なんとか世代(私との年齢差)
名前(一般大会でのクラス):どんな人?

M柄世代(+2)
M柄五段(A):中3にして当時最年少で県タイトルを制覇した超強豪。当時はT中六段、N六段、O六段という不動の3強がいたのにタイトルを取れるとかマジチート。私は1回だけ指して為す術なく完敗。居飛車党だったんかな?普段は天然ボーイでしたw 現在は不明(将棋で名前を聞くことはない・・・)。

O野木四段(A):F高の先輩にして、兄と弟が囲碁してるのに1人だけ将棋に走ったひねくれ者w 相掛り党。朗らかで穏やかなF高将棋部の良心。この前竜王戦に参加し、見事トーナメント進出。学校の先生で将棋部顧問を夢見ているらしいw

N保兄くん(A):F高の先輩。弟も強豪で、私はひさとくん、と呼んでいました。見た目から何から秀才オーラを放ちまくっていた人。オールラウンダー。名門京大に進みましたが、以後の進路は不明。

N川兄くん(B?):こちらも兄弟で強豪だった方。高校卒業後は不明。

H中世代(+1)
H中五段(A):高1にしてタイトル獲得、準高校竜王など。スキのない四間飛車党で、私とは1歳差ということもあり幾度となく対戦、そして毎回ふっとばされましたw(全敗)将棋では魔王にしか見えませんでしたが、盤外では丁寧でニコニコしている普通にいい人。高校卒業後は大学の薬学部に進学しましたが、現在は?(もう卒業しているハズですが)

こた(仮世代(±0)
N保弟(A):親友よしちゃん。名古屋大に進んだ秀才。情に厚く礼儀正しい性格ですが、意外にサバサバしているところもある。少しずつ私の方が強かった(気がする、主観)ですが、A級で普通に勝つ実力派(一般大会にはあまり出ていなかった。勉強熱心だったし)。現在は院を修了したと思いますが、どうしたんかな?(この前GWに帰ってきていたようですが、私の仕事の関係で会えずorz)

N川弟(A):なぜか高校大会に出てきていた思い出がないが、一般大会でたまに当たりました。まぁまぁ強かったイメージで、負けたこともあったと思います。あっけらかんとした楽しい奴。この人も進路が不明。

M永(B):小中はY下と並びこの学年のツートップだった1人。四間飛車党でまぁA級でも指せるぐらいの棋力はあったと思いますが、一般大会はB級で参加していた(いつも準優勝ぐらいだったw)。同志社に進学し、たまに福井に帰ってきたときに精力的に大会参加していた。

つづく!

しかし、A級いっぱいいるなぁ・・・(下の代もズラッとA級が並ぶ予定)
今はO田Kくんと小学生のT川くんぐらい?皆はよA級上がってきなさい!(老婆心)

拍手[0回]

PR