忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

Hard Punchers

つづいた・・・?ばかな・・・

K出世代(-3)
K出四段(A):準県名人、県王将4位などの実績あり、王道系居飛車党の強豪。自信満々な指し口と口上で、東大進学後も関東学生新人戦2位など目下活躍中。

I与三段(A):福井市長杯優勝経験あり、彼は自分が一番実績があると某とんねるず辺りをいじめてやっても構わない。東京なんとか大学在学、楽しくやっているようだ。

勝手Jrくん世代(-4)
勝手Jr四段(A):福井では四段、日将連五段(竜王戦出場経験あり)という逆転現象が起きている。現在名門京大将棋部所属、急戦系相掛り党。お父さんはご存じ勝手さん、棋風も似てます。昔は性格も将棋もやんちゃだったが、今はどちらも大人びてしまったw

M田三段(A):奥越の振り飛車党。丁寧な将棋が持ち味。性格も柔らかかったと思う。おそらく県外の大学に進学したと思われるが、噂は聞こえてこない。

K下くん(B):中学くらいでは上の2人とライバル関係にあり、3すくみ展開を繰り広げていたが・・・。私自身は正直あまり知らない子。

こた(弟世代(-5)
こた(弟四段(A):福井市長杯優勝経験あり、昔のチャリティー将棋大会でのA級決勝兄弟対決!はいい思い出。長考派居飛車党。小中学の頃は2438くんを除けば実力的には頭1つ出ていたハズ(兄バカ)だが、終盤時間が無くなっている上、兄に似て大舞台に弱いタイプ。今は大阪市立大学将棋部、兄と一緒でネットに痛い文章をさらしているw ちなみに今回の記事は弟のことが書きたかっただけである(ブラコン)

K村くん(A):弟世代の2番手。藤高の後輩だったようだがここまで世代が離れるとあまり関わりは無かった。一般の大会で指したときは角換わりだったので、おそらく居飛車党。

2438世代(-6)
2438五段(県名人):終盤型まくりの死神。矢倉党。皆さんご存知県内の最年少記録を塗り替えてきた県下の至宝、金沢大学に取られるw もうすっかり金大将棋部に打ち解け、Enjoyしているようだ。富士通杯もがんばってね^^

Y原くん(A):高校時代はよく一般の大会に出てきており、上位を食うこともあった実力派。

さらに下の子たち。。。
O田Kくん(A):ひねり飛車が得意で、トリッキーな戦型チョイスが多い印象。現在福井高専3年、ますますの活躍が期待されています。

Funちゃん(奨励会):現在奨励会に通う、藤高2年生。バランスの取れた棋風で、まとめ方は非常に上手かった。垢抜ければ爆発できるかも、高校も大変と思うが頑張ってほしい。

みんな強烈な一撃と個性を秘めた若者たち、いつか成長した彼らとも指してみたい。

拍手[0回]

PR