忍者ブログ
田舎の楽しいアマ棋界を中心に、気ままに将棋を語っていくブログ^^

いいとこどりのゲスト

明日は金沢でアマ王将戦の北陸予選ですが、今日は小松に遠征して将棋をしてきました。T海さんという方の経営される将棋道場をお借りし、金大将棋部主催でミニ大会を行いました。
方式はスイス式もどき(一応あまり指したことのない者同士を当ててく感じで)。石川の強豪を集めて、レベルの高い集い(私はオマケですがw)でした。

一回戦は石川の強豪Mさん(元奨初段)と対戦。相手の右四間に四間飛車で対抗しました。飛車を召し取って指せる戦いになったかと思いましたが、相手もと金を活用して難しい流れに。しかし銀取りの桂に銀を逃がした瞬間、角と竜を切り捨てて寄せにいき、こちらの勝ちの局面になりました。しかししかし・・・桂の王手捨てから攻防に角を打たれ、私が寄せをミスって怪しい流れに。最後は頓死のような感じで逆に寄せ切られてしまって、悔しい敗戦orz

二回戦は金大将棋部の主将、A田くんと対戦。序盤から力将棋のような感じになり、A田くんが英春流を使ったような将棋に(ちなみに彼は英春流の使い手ではない)。こちらは棒銀で抑え込む形で1本取り、相手の攻めを受けながら反撃して速度勝ち。

三回戦はK川くん(金大生)と。今年の春にも対戦していた相手でしたが、角交換をした形で相振りというやや珍しい将棋に進展。途中馬を作らせてしまったのがK川くんの一失で、そこからは足りない流れになり押し切って勝利。

四回戦、M野くん(またまた金大)と対戦。英春流の使い手の彼のソデ飛車に、△8五飛型で対抗。端を詰めてポイントをあげ、飛車を振り回しながら桂を捌いて軽く指しました。最後は角2枚の大砲で寄せ切って、3連勝。

五回戦は西日本支部名人、N口くん(元奨1級)との将棋。駆け引きがあって私の向かい飛車穴熊vs玉頭位取りになりました。穴熊を生かして角を打ち込んでいったのが強手(成算があったわけではない。まぁいいかーwという楽観思考)で攻め切るか受け切るかの争いに。中段まで這い出た玉が捕まるかでしたが、マグレで捕まって辛勝。

これで4-1となり、全勝者がいなかったため優勝決定戦を行うことに。4-1の3人でじゃんけんをしたら勝ってしまったw
というわけで挑戦者(?)を待ち、決定戦はW塚くん(元奨初段)と、まさかの20秒将棋。この対局はW塚くん石田流に対して銀冠で応戦。角交換を挑まれて軽い指し方をされましたが、その角を6五から金取りで打ちおろしたのがマズマズ厳しく優勢に。自陣に打ちこまれた飛車を金打ちでしかりつけたのが決め手で、端まで玉を追い立てられましたが最後は即詰みに討ち取りました。

一緒に来た牡丹とゴキゲンの帰り道でしたw
といっても明日が本番なので、気合を入れなおして明日も頑張りましょう^^

拍手[0回]

PR